思春期ニキビの原因と今日からできる解決方法!

思春期ニキビとは、字のごとく10代にできるニキビの総称です。
大人になってもニキビはできるものですが、あえて思春期と付けるには理由があります。

 

思春期ニキビの原因

思春期の身体は男女問わず突然のホルモンの分泌が過剰になり、体内は大人になるための改造が行なわれます。
その時に、主に分泌されるホルモンの中で成長ホルモンは皮脂腺を刺激します。
刺激を受け、皮脂が毛穴に詰まり、そこに汚れが付着、雑菌が発生し、アクネ菌があるとニキビが発生します。
要するに、思春期ニキビはこうした皮脂が多く分泌してしまうことが原因になります。

 

 

改善方法!

そこで、思春期ニキビの解決法としては、正しい洗顔が基本になります。
洗顔には正しい方法が存在することを多くの方は知らずに、なかなか解決できないようです。
正しい洗顔とは、顔の皮膚の付着している汚れと余計な皮脂だけを落とすことができる方法です。
間違った洗顔とは、皮脂を落とし過ぎることです。
ということは、1日何回も洗顔をしない。そして、皮膚の必要な皮脂は残すことが重要です。
とはいっても、自身でどのくらいの皮脂が必要なのかはわかりません。
基本となる洗顔をしたあとに、さっぱりはしたけれど、すぐに脂っぽくなるというのが目安の一つです。

 

もちろん化粧水などのスキンケアを続けて行うのですが、それでも皮脂があると感じられる場合、正しい洗顔を行っていないと言えます。

 

成長ホルモン分泌が多いということは、ホルモンバランスが悪い事になり、皮脂が多く分泌しています。
それなのに、食べるもので脂肪分の多い食品を摂るのもNGになります。
しかし、誤解しないで欲しいのは、たくさん食べないことで、ゼロではありません。
成長期の身体では、脂肪分は必要です。
脂肪というと、肉や揚げ物だけではなく、菓子類にも多く含まれていますから、ニキビが気になる時には控えることをお勧めします。
では、何を食べたら良いか?というと、野菜や果物で、栄養価的にいうと、ビタミン類のモノを多く摂るようにするだけでも効果があります。
そして、これらのものは成長期に必要な栄養ですから、どんどん口にするようにしてください。

 

思春期の身体に必要なこととして、運動をきちんと行い、睡眠をたっぷりと摂る事も必要です。
午前0時までの就寝と6時間以上の睡眠時間の確保で、正常な成長ホルモンが分泌されます。
このリズムは大切です。
成長ホルモンは出なくてはならない、しかし思春期ニキビも出る。
それは食べ物や睡眠などで良いバランスをとることで、解決できることが多いです。
そして、20歳前後をめどとして、思春期ニキビは自然となくなっていき、今度は大人ニキビと形が変わります。
それはまた、原因なども変化していくことになります。